農業体験ではなく、野菜体験。〜土から生えてみた〜

こんにちは。やまごえ農業企画の山岸です。

やまごえ農業企画ではさまざまな形で農業を「学ぶ・遊ぶ・伝える・見つける」ということをしています。

畑や農家さんのことを噛み砕いて、どうやったら面白いと思ってもらえるかを日々考えています。


やまごえ農業企画のやまとごえです

企画をしている中で、ふとした疑問が浮かびました。

僕らは畑や農家さんの気持ちは分かるけど、作物の気持ちってどうやったら分かるんだろう?

農業の理解を深めるためには、作物の気持ちを理解しないといけないのではないか?

農家になる農業体験ではなく、野菜になる体験をすることはできないか?

いてもたってもいられず、休日を使い長野の畑へ向かいました。

畑に着くやいなや、せっせと穴を掘り….

どんどん穴を掘り….

いざ、入土!!

入土!

これが野菜から見る世界か…

ちょっと焦り始める

み、水が欲しい…。

暇。水でもなんでもいいから誰かにかまってほしい

早く抜かれて楽になりたい…

足がマジで痛い

辛い!!!!(10分と持たず出土、収穫)

出してもらえたことに感謝しかない

野菜の気持ちがよーーくわかりました。

  • 土をふかふかにすること。
  • 適度に水をあげること。
  • 日光を当てること。
  • 話しかけてあげること。
  • 美味しく食べてあげること。

これらを守りましょう。

守れない人は野菜体験へ行って作物の気持ちを体験してください。

では。